セルフメディケーションが一般的になる時代、OTC薬剤師の存在は大きいよね!

OTC薬剤師求人 > OTC薬剤師の求人について

OTC薬剤師の求人について

医薬品は、ドラッグストアなどで市販される薬と医者が処方する薬があります。
前者は、過去に一般用医薬品などと呼ばれましたが、2007年にOTC医薬品と
呼び方を統一しました。
アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?

OTCはOver The Counterの略で、訳すとカウンター越しのという意味になります。
薬の調剤を行わず、OTC医薬品の販売のみを行う薬剤師のことをOTC薬剤師と
呼ぶ場合があります。

OTC医薬品に深く関わるのが、セルフメディケーションの考えです。
これは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当て
すること」とWHOが定義している考えです。

自己管理をしっかりする、ということなので個人に対しては健康的な習慣や
薬の知識を身につく効果などが期待されます。また、日本は高齢化社会と
いう問題を抱えていることもあり、医療費の削減に繋がるとしてセルフ
メディケーションを推進する傾向があります。

そのため近年では、セルフメディケーションという言葉がメディア内、
製薬会社やドラッグストアでみられるようになったり、健康維持に対する
意識が強まっているように見受けられます。それにともなって、OTC薬剤師の求人も増えてきました。詳しくは下記をご参照ください。

このような背景から、製薬会社は新しいOTC医薬品を開発します。
そのため、ドラッグストアでは風邪薬といっても非常に多くの種類が置かれ
ていて、素人ではどれが欲しい薬なのか、店頭で選ぶことが難しくなって
きています。

そこで、頼りたいのがドラックストアの薬剤師です。OTC医薬品の販売のみ
なので、薬を調剤する薬剤師より専門性が低いと誤解する人もいるかも
しれませんがそうではありません。

症状が重症化する前に、適切なOTC医薬品を服用し体調を治すことは、
その人の薬の飲み合わせや体調、体質に合ったものでなければいけません。

OTC医薬品が多種多様になった現代では、OTC薬剤師のアドバイスはセルフ
メディケーションを意識するにあたって必要不可欠であり、その仕事は
健康を守るために責任あるものなのです。

長野県薬剤師会

薬剤師の立ち仕事・デスクワークへの不満

研究や薬事関係の仕事に従事している場合、デスクワークがメインになります。 書類を作ったり、データの管理などはほとんどパソコンを使って行うことになるので、運動不足になったり、眼精疲労や肩こりに悩まされがちです。

また、デスクワークに関する悩みを抱えている薬剤師がいる一方で、立ち仕事で悩んでいる薬剤師もいます。 病院やドラッグストアは商品の品出しや接客、薬の調合などで立ちっぱなしでいることが多く、丸一日立ち仕事が続くと足腰に不調が出て、勤務を続けていけない状態に陥ることもあります。

日々の疲れが蓄積すると、仕事中も辛い思いをすることになり、デスクワークの悩みとは真逆ではありますが、立ち仕事も悩みの種になりがちです。

デスクワークが全くない仕事も身体に大きな負担がかかります。

立ち仕事もデスクワークもそればかりになると辛くなり、薬の知識だけでなく体力も必要になってきます。

もし、デスクワークや立ち仕事に不満があるなら、転職サイトのコンサルタントに相談してはいかがでしょう。 肉体的な疲労を甘く見てはいけませんし、この先仕事を続けていくのが困難な状態なら、現在とは真逆の仕事に就くのも手です。

デスクワークから解放されたい方は立ち仕事に、立ち仕事で体を痛めてしまった方は座ってできる仕事に…と今までとは逆の仕事にすることで、仕事への意欲が増すかもしれません。

とはいえ、転職は一筋縄にはいきませんし、簡単に決断できるものではありませんよね。 準備にも時間がかかるので、円滑に転職を成功させる為にも転職サイトは有効です。

これまでのスキルをどのように生かしていきたいのか、転職先でどのような仕事がしたいのかを考えてコンサルタントに相談し、転職を成功させましょう。

求人を選ぶ時のポイントですが、ついつい勤務形態を重視しがちになりますが、仕事の内容もきちんと確認し、複数の求人と比較して厳選することが大切です。

その点も、コンサルタントがバックアップしてくれるので安心です。

薬剤師の転職活動における志望動機の考え方

履歴書と面接では志望動機が重要視されるので、しっかり考えて挑みたいものです。 しかし、志望動機は重要なポイントながらも自分で考えるのは難しいものなので、どのような志望動機が有利なのかを知っておくといいでしょう。

まず、志望動機で『企業への熱意と理解』をアピールする人がいますが、正解とは言い難いです。 企業に対する理解は新卒では必要かもしれませんが、転職活動においては採用側が求めている志望動機にはなりません。

転職活動の際は志望動機を考える前に、自分のこれまでの経験や知識を振り返り、自己分析を行うことが大切です。 企業は即戦力になる薬剤師を必要としているので、志望動機ではスキルをアピールしたほうが好印象を与えます。

近年では薬剤師免許を所持している人がハイペースで増えているので、数年前よりも求人倍率が高くなり、競争が激化しています。

薬剤師免許を持っているからといって採用される時代ではありません。 自分という人間を買ってもらわなくてはいけないので、志望動機では『自分を売り込む宣伝』に徹するべきなのです。

調剤ができる薬剤師と、免許を持っているだけで実務経験がない薬剤師のどちらのほうが必要とされているのかは、説明しなくてもわかりますよね。

以前なら免許さえ持っていれば未経験者や年齢が高い人でも転職しやすかったのですが、近年は状況が変わって一筋縄ではいきません。

中途採用は即戦力になる人材が求められる傾向にありますが、最近は薬剤師が飽和状態になりつつあるので、スキルの高い薬剤師が優先的に採用されています。

学歴・資格・免許は一生ものに違いありませんが、それだけでは安心できる時代は終わりつつあると思っていいでしょう。

転職活動は企業研究に時間をかけがちですが、視点を変えるとスムーズに転職できるかもしれません。 自己分析に躓いている方は、転職支援サイトを上手に活用することをおすすめします。

プロがキャリアコンサルティングをサポートしてくれますよ。